徳之島長命草について
徳之島では「まぁざく」と呼ばれてきた薬草

photo
photo
photo
ボタンボウフウとは、琉球諸島に多く自生しているセリ科の常緑多年草です。古来より若葉を摘んで食べていたので、ショクヨウボウフウ(食用防風)とも呼ばれています。徳之島では、「まぁざく」と呼ばれてきました。

海岸沿いに自生していて、沖縄では「1株食べれば1日長生きする」と言われ、栄養価の高い食材として煎じて飲んだり、料理に入れたり、独特の苦みと香りが肉や魚などの臭みを消したり毒消しの効果としても利用されてきました。

生命力の強さを物語るものとして、まぁざくは驚くことに最大年4回の収穫が可能だという事です。